震生湖の紫陽花(アジサイ)レポート(2008年6月15日):見ごろの始まりでした

震生湖紫陽花(アジサイ)を見てきました。

震生湖の紫陽花

震生湖の紫陽花アップ

ご覧の通り、青い紫陽花が一面に咲いていて、とても綺麗でした。

丁度、花が開いて色づいたという状態で、これからしばらくは見ごろといった感じでした。

青い紫陽花をメインにして、ガク紫陽花も少々あります。

場所は、ゴルフ場側の駐車場から秦野福寿弁財天方面に湖畔に沿って登ったところです。

そんなに広い範囲ではありませんが、まとまって咲いているので、見ごたえがありました。

 

掲載した写真はもう一週間以上前の状態なので、まだ咲いているかは確かではありませんが、 震生湖周辺の道路沿いの紫陽花はまだ咲いているので、今週末ぐらいまではなんとか見られるんではないかと思います。


泉蔵寺のチューリップ花祭りレポート(2008年4月13日)

泉蔵寺チューリップ花祭りに行ってきました。

チューリップ花祭り泉蔵寺

毎年、3月の終わり頃になると「チューリップ祭り」という看板をあちらこちらで見かけるようになるので、 看板通りに車を走らせていれば道に迷うことはありません。

チューリップ花祭りの日は臨時駐車場もあり、車も無事駐車できました。

当日は雨上がりで天気はイマイチでしたが、本堂前の広場は多くの人で賑わっていました。

本堂前の広場ではつきたての餅や味噌おでん、ラーメンなどの模擬店がありました。

 

泉蔵寺のチューリップ(黄色)泉蔵寺のチューリップ(ピンク)

そして、忘れちゃいけないチューリップですが、本堂前の広場入口に咲いていました。

泉蔵寺のチューリップ(赤)泉蔵寺のチューリップ(オレンジ)

さらに本堂へ上がる階段の途中にある横道を歩いて進んでいくと、他のチューリップも咲いていました。

泉蔵寺のチューリップは私達がよく見かけるオーソドックスな形のチューリップ以外にも、 花の先が尖った形のチューリップや2色が混ざった色のチューリップなど色々な種類があります。

咲く時期もまちまちのようで、既に満開のチューリップもあれば、まだ蕾のチューリップもありました。

県立秦野戸川公園のように同じ種類のチューリップが一斉に咲き揃う景色も綺麗ですが、 色々な種類のチューリップを楽しめるのが泉蔵寺のいいところだと思います。

ただ、今年は敷地内を工事していたために、チューリップが少なかったのが残念でした。

来年はもっとたくさんのチューリップを楽しめることを期待したいです。

 

泉蔵寺については下記のサイトでも紹介していますので、よかったらご覧ください。

「泉蔵寺」 by 秦野市エリアガイド

 


県立秦野戸川公園のチューリップとおきな草(2008年4月12日):チューリップが満開でした

県立秦野戸川公園チューリップおきな草を見てきました。

戸川公園のおきな草戸川公園のおきな草アップ

おきな草は諏訪丸駐車場側から茶室の方へ向かう途中の道沿いに咲いていました。

花は下に垂れ下がるように咲いており、咲ききると細長い糸状のフワフワになるようです。

私はおきな草を見たのは初めてなので、元気がなくて垂れ下がっているのか、元々こういう花の咲き方をするのかは確かではありませんが、 おそらくこういうものなのだと思います。(適当ですいません・・・)

まだ、フワフワより花の方が多く、見ごろでした。

 

戸川公園のチューリップ赤いチューリップ

風の吊り橋を渡った大倉駐車場側はチューリップが満開で、正に見ごろでした。

写真は風の吊り橋をバックに赤と白のチューリップを撮ってみました。

黄色のチューリップ紫のチューリップ

他にも黄色と紫のチューリップもあり、白・赤と合わせて4色のチューリップが咲き揃っていました。

戸川公園のチューリップはすべて同じ時期に咲き揃うため、満開になったときは本当に綺麗です。

 

桜が散っても秦野の春はまだまだ続きます。


秦野桜まつりレポート(2008年4月6日)

今さらですが、秦野桜まつりのレポートです。

秦野桜まつりは毎年4月の第一週目の土日に中央運動公園と弘法山公園の2会場で同時開催されます。

今年は中央運動公園会場に行ってきました。

中央運動公園の桜

中央運動公園の桜

今ではすっかり散ってしまった秦野市内のソメイヨシノですが、秦野桜まつりのときはまだちゃんと咲いていました。

満開になってから気温が低い日が続いたため、桜の花が散らずに残ってくれたんだと思います。

満開の時期は過ぎていましたが、散り始めでいい感じだったので、この日も花見を楽しむ人で賑わっていました。

 

秦野桜まつりの出店

秦野桜まつりの会場である中央運動公園内には出店や模擬店などが並び、お祭らしく多くの人で賑わっていました。

出店の方は焼きそば・たこ焼き・じゃがバター・水あめなど、お祭でよく見かける内容でしたが、模擬店の方は桜まつりらしく、 桜餅や桜アイスなどがあります。

私が毎年食べている桜アイスはオススメです。

 

水無川沿いの桜並木

最後に、中央運動公園の前を流れる水無川沿いの桜並木の様子です。

中央運動公園内の桜も綺麗ですが、水無川沿いの桜並木は本当に見事でした。

 

秦野の桜最高!!!

 

秦野桜まつりについては下記のサイトでも紹介していますので、よかったらご覧ください。

「秦野桜まつり」 by 秦野市エリアガイド


秦野市交通公園の桜レポート(2008年4月6日):大分散っていました

秦野市交通公園を見てきました。

秦野市交通公園の桜

残念ながらソメイヨシノは花びらが大分散ってしjまって、見ごろは過ぎていました。

秦野市交通公園の桜は本数は少ないですが、どれも立派な桜なので、お花見には丁度いい感じでした。

子供を自転車で遊ばせておいて、親は桜の下でお花見なんてのもありです。

 

秦野市交通公園の桜

ピークを過ぎてしまっていたソメイヨシノでしたが、それでも7、8分は花が残っていたため、遠めで見る分にはまだ綺麗でした。

 

弘法山公園からの眺め

そしてさらに遠目から見ると、ここの桜は結構凄いんです!

この写真は秦野市交通公園とそのお隣のなでしこ運動広場まで続く桜を弘法山公園の権現山の展望台から撮影した様子です。

(但し、2日前の4月4日の写真ですが・・・)

 

なでしこ運動広場の桜

先の写真の通り、秦野市交通公園の隣にはなでしこ運動広場があり、桜並木はそちらの方まで続いています。

桜が満開のときに来ればもっと綺麗だったと思います。

秦野市内には中央運動公園や弘法山公園など桜の綺麗なところが多いので、ついついそちらへ行ってしまいがちです。

秦野市交通公園やなでしこ運動広場は穴場かもしれませんよ。

 

秦野市交通公園については下記のサイトでも紹介していますので、よかったらご覧ください。

「秦野市交通公園」 by 秦野市エリアガイド

 


南が丘公園の桜レポート(2008年4月4日):ソメイヨシノが満開でした

南が丘公園を見てきました。

南が丘公園の桜

既に散り始めてはいましたが、ソメイヨシノが満開でした。

写真は野球用グランドとタコ型滑り台のある広場の間の遊歩道です。

道を覆うように桜が咲いているので、とても綺麗でした。

 

南が丘公園は公園の各広場を囲むようにソメイヨシノが植えられていて、春は公園内の至る所で桜を楽しむことができます。

野球用グランドの桜

野球用グランドの桜アップ

野球用グランドの周りもご覧の通り、桜が満開です。

グランドと言っても周りは遊歩道になっているので、桜を見ながら散歩することができます。

 

アスレチック広場の桜

さらにアスレチック広場の周りも桜が満開です。

アクレチックを囲むように桜が咲いているので、お花見ついでに子供を遊ばせたいご家族に最適な広場です。

 

春の桜の咲く頃の南が丘公園は本当にオススメです。

 

南が丘公園については下記のサイトでも紹介していますので、よかったらご覧ください。

「南が丘公園」 by 秦野市エリアガイド


弘法山公園の桜レポート(2008年4月4日):ソメイヨシノが満開です

弘法山公園を見てきました。

弘法山公園の馬場道の桜

弘法山と権現山を結ぶ馬場道の両側に咲いているソメイヨシノが見事に満開でした。

写真の通り、桜のトンネルになっていてとても綺麗でした。

 

権現山の桜

権現山の桜アップ

権現山の山頂の桜の様子です。

馬場道と同様にソメイヨシノが満開でとても綺麗でした。

一方、ソメイヨシノではない白っぽい桜(山桜?)はもう葉が出てきてしまって、もう終わり掛けでした。

 

弘法山の桜

最後に弘法山の山頂の桜です。

こちらも権現山の山頂程ではありませんでしたが、ソメイヨシノが綺麗でした。

 

弘法山公園には今回紹介したところ以外にも至る所に桜が咲いていて、公園内全体がお花見スポットです。

その中でもやはりオススメは馬場道から権現山の山頂までのソメイヨシノです。

春の弘法山公園に行ったら、馬場道経由で権現山の山頂まで足を運んでみてください。

 

尚、弘法山公園の他の季節の様子(秋の紅葉など)については下記のサイトでも紹介していますので、よかったらご覧ください。

「弘法山公園」 by 秦野市エリアガイド


今泉名水桜公園の桜レポート(2008年4月4日):満開です

先週に続いて、今泉名水桜公園を見てきました。

今泉名水桜公園の桜 

今泉名水桜公園の桜アップ

ソメイヨシノが見事に満開でした。

天気も晴れていたので、青空の下に満開の桜がとてもよく映えていました。

そして、名水に映る桜もよりいっそう綺麗になっていました。

名水桜公園という名前の通り、名水と桜が織り成す見事な風景でした。

 

今泉名水桜公園については下記のサイトでも紹介していますので、よかったらご覧ください。

「今泉名水桜公園」 by 秦野市エリアガイド

 


今泉名水桜公園の桜レポート(2008年3月29日):見ごろです

今泉名水桜公園を見てきました。

今泉名水桜公園のベニシダレ桜

今泉名水桜公園のベニシダレ桜アップ

まずは、今泉名水桜公園のシンボルツリーとも言えるベニシダレです。

枝と枝の間隔が広いため、遠目で見るとちょっと寂しい感じもしますが、既に綺麗な桜の花を咲かせていて見ごろを迎えていました。

 

今泉名水桜公園のソメイヨシノ

今泉桜名水公園のソメイヨシノアップ

そして、名水の上に咲くソメイヨシノです。

まだ7分先ぐらいでちょっと早かったですが、遠目で見る分には名水に映りこむソメイヨシノを楽しむことができました。

残りの蕾が開花すればもっと綺麗に見えると思います。


震生湖の桜レポート(2008年3月29日):見ごろです

震生湖桜(ソメイヨシノ)を見てきました。

震生湖の桜

震生湖の桜アップ

震生湖の桜はもう8分咲きで見ごろを迎えています。

震生湖の桜は秦野福寿弁財天のすぐ上にある子供用の遊具のある広場に咲いています。

広場を囲むように桜が咲いていて、お花見をするのにとてもいい広場です。

子供が飽きたら、そのまま遊ばせることができるのも、親にとってはありがたいです。

 

震生湖の桜と水仙

震生湖の水仙

桜の咲いているこの広場には水仙も咲いていて、桜と水仙を同時に楽しむことができます。

2月頃は白い水仙が咲いていましたが、桜の時期には黄色い水仙が咲いています。

 

秋の紅葉だけでなく、春の桜も綺麗な震生湖でした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。